8514円 MINI(ミニ)  R50/R52/R53 牽引フック/アダプターセット 全11色 「CLOS」クロス 車、バイク、自転車 自動車 セーフティー用品 牽引フック  R50/R52/R53 牽引フック/アダプターセット 全11色,車、バイク、自転車 , 自動車 , セーフティー用品 , 牽引フック,/furbishment386467.html,「CLOS」クロス,MINI(ミニ),8514円,kosmetycznie.net.pl MINI ミニ R50 R52 R53 低価格化 クロス 全11色 牽引フック CLOS アダプターセット  R50/R52/R53 牽引フック/アダプターセット 全11色,車、バイク、自転車 , 自動車 , セーフティー用品 , 牽引フック,/furbishment386467.html,「CLOS」クロス,MINI(ミニ),8514円,kosmetycznie.net.pl 8514円 MINI(ミニ)  R50/R52/R53 牽引フック/アダプターセット 全11色 「CLOS」クロス 車、バイク、自転車 自動車 セーフティー用品 牽引フック MINI ミニ R50 R52 R53 低価格化 クロス 全11色 牽引フック CLOS アダプターセット

配送員設置送料無料 MINI ミニ R50 R52 R53 低価格化 クロス 全11色 牽引フック CLOS アダプターセット

MINI(ミニ)  R50/R52/R53 牽引フック/アダプターセット 全11色 「CLOS」クロス

8514円

MINI(ミニ)  R50/R52/R53 牽引フック/アダプターセット 全11色 「CLOS」クロス

■MINI(ミニ) R50/R52/R53「CLOS」クロス 牽引フック/アダプターセット 
■セット内容
 牽引フック
 取付けアダプター
■カラー レッド イエロー オレンジ ブラック ブルー シルバー ホワイト グリーン ゴールド マットブラック ガンメタ
■車種
BMW MINI R50
BMW MINI R52
BMW MINI R53

目指したのは最強です。

CLOS(クロス)可倒式レーシング牽引フックは、フック部及び主軸となるボスをクロモリ鍛造により製作。
車種別アダプタも強度のこだわり、炭素鋼を切削加工で製作する事により、実用するにあたり必要とされる強度を実現した牽引フックです。
また溶接部をなくす事で強度低下の原因を一切なくし、また溶接のないフォルムは見た目にも美しく仕上がりました。

フックとボスの連結シャフトに組み込まれている鋼球とバネの作用により0度- 90度(使用時-収納時)の位置で保持できます。

※サーキット等・各レースのレギュレーションにより、牽引フックのカラーが赤・黄・燈と規定されている場合がありますのでご注意下さい。

MINI(ミニ)  R50/R52/R53 牽引フック/アダプターセット 全11色 「CLOS」クロス

  1. 2022年 1月 5日 (水) 掲載 出版物とサービス

    GSJ 地質ニュース Vol.10 No.12

    GSJ 地質ニュース vol.10 / No.12 を発行(掲載)しました。

     

  2. 2021年12月28日 (火) 更新  [10月22日掲載] 災害と緊急調査

    「福徳岡ノ場火山2021年噴火情報」

    火山噴火予知連絡会に提出した資料を追加掲載
    「福徳岡ノ場,2021年8月13-15日の活動と噴出物量の推定」他1件

     

  3. 2021年12月28日 (火) 更新  [10月22日掲載] 災害と緊急調査

    「阿蘇火山中岳2021年噴火情報」

    火山噴火予知連絡会に提出した資料を追加掲載
    「2021年10月阿蘇中岳噴出物の構成粒子の特徴」

     

  4. 2021年12月28日 (火) 掲載 災害と緊急調査

    火山噴火予知連絡会に提出した資料を掲載

    「西之島,2021年11月25日の活動」他4件を掲載しました。

     

  5. 2022年 2月25日 (金) 開催 [12月24日掲載] イベント

    第36回 地質調査総合センターシンポジウム

    3次元で解き明かす東京都区部の地下地質
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  6. 2021年 12月24日 (金) 掲載 出版物とサービス

    地質調査研究報告 Vol.72 No.6(2021)

    地質調査研究報告 Vol.72 No.6(2021)を発行(掲載)しました。

     

  7. 2022年 2月10日 (木) 開催 [12月22日掲載] イベント

    第35回 地質調査総合センターシンポジウム 地圏資源環境研究部門 研究成果報告会

    ゼロエミッション社会実現に向けたCCSIにおける産総研の取り組み
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  8. 2021年12月21日 (火) 発表・掲載 ニュースリリース

    犬おもちゃ 犬噛むおもちゃ 音の出るおも 音が鳴る ちゃ ペット用品 ぬいぐるみ 運動不足 ストレス解消 清潔安全 丈夫 耐久性 清潔 歯磨

    -計測技術・評価技術の開発とスタジアム等での社会実装を加速-
    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らが参画する研究ラボの設立のお知らせです。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  9. 2021年12月 6日 (月) 掲載  [12月 3日発表] プレスリリース

    超深海の変質したマントル岩石の内部で炭素を含む海水が循環していることを明らかに

    (地質情報研究部門 針金由美子 主任研究員が共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  10. 2021年11月29日 (月) 掲載  [11月26日発表] ニュースリリース

    富士工業(FUJI KOGYO) T-KGTT4.5F-1.1 T-KGTT4.5F-1.1

    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らの実施する調査です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  11. 2021年11月12日 (金) 掲載  [11月11日発表] ニュースリリース

    政府の技術実証において大規模イベントの感染予防のための調査を実施

    -Bリーグにおいて技術実証-
    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らの実施する調査です。)

    因州手漉画仙紙「本桃記」 半切100枚

  12. 2021年11月10日 (水) 発表・掲載  主な研究成果

    政府の技術実証による大規模イベントでの感染予防対策の調査(第一報)

    -2021年10月のJリーグ・日本代表戦におけるワクチン・検査パッケージ導入試合の調査結果-
    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らの研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  13. 2021年11月 9日 (火) 発表・掲載  ニュースリリース

    政府の技術実証において大規模イベントの感染予防のための調査を実施

    -プロ野球 クライマックスシリーズおよび日本シリーズにおいて技術実証-
    (地圏資源環境研究部門 保高徹生 研究グループ長らの実施する調査です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  14. 一覧へ


  1. 2022年 2月25日 (金) 開催 [12月24日掲載] イベント

    第36回 地質調査総合センターシンポジウム

    3次元で解き明かす東京都区部の地下地質
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  2. 2022年 2月10日 (木) 開催 [12月22日掲載] イベント

    第35回 地質調査総合センターシンポジウム 地圏資源環境研究部門 研究成果報告会

    ゼロエミッション社会実現に向けたCCSIにおける産総研の取り組み
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  3. 2021年 8月 3日 (火) -12月26日 (日) 終了 [10月25日更新] イベント

    地質標本館 特別展
    「南極の過去と現在、そして未来-研究最前線からのレポート-」

    地球上で最も寒い南極は人類が最後に到達した大陸であり、未だその素顔は十分に明らかにされていません。近年、南極氷床の融解により、世界の海面が予想以上のスピードで上昇することが懸念されています。今、南極で何が起こっているのか。今後どうなっていくのか。最新の研究から明らかにされつつある南極大陸とそれを取り囲む海の謎に迫ってみましょう。

     

  4. 2021年10月 5日 (火) -12月 5日 (日) 終了 [10月 1日掲載] イベント

    地質標本館 企画展「メタセコイアー白亜紀から現在までの姿ー」

    メタセコイアは約1億年前の白亜紀から化石として残っている植物です。変わりゆく地球環境の中で一度は絶滅したと考えられていました。国内の化石と、現在生きているメタセコイアから「生きている化石」としての変わらない姿を紹介します。

     

  5. 2021年11月22日 (月) 終了  [10月18日掲載] イベント

    2021年 地質地盤情報分科会 令和3年度講演会

    -地質リスクの低減に向けた地質調査・データクオリティ・解析技術ー
    【オンライン形式 / 参加無料、事前登録制】

     

  6. 2021年11月12日 (金) 終了 [ 9月27日掲載] イベント

    第34回 地質調査総合センターシンポジウム
    防災・減災に向けた産総研の地震・津波・火山研究

    -東日本大震災から10年の成果と今後-
    【事前登録制・オンライン開催】

     

  7. 2021年10月25日(月)- 29日(金) 終了 [ 8月18日掲載] イベント

    2021年度 第2回 地質調査研修 (経験者向け)

    -地質調査総合センターが主体となって行う企画です-
    研修場所:島根県出雲市長尾鼻周辺

     

  8. 2021年 9月 8日 (水) -10日 (金) 終了 [ 7月20日掲載] イベント

    2021年度地震・津波・火山に関する自治体職員研修のご案内

    昨年度開催を見送った自治体職員研修を、本年度はWeb会議方式で開催することとなりました。

     

  9. 2021年 4月27日 (火) - 8月 1日 (日) 終了 [ 4月16日掲載] イベント

    地質標本館 特別展
    「日本列島ストレスマップ-地震観測とAIで読み解く全国の地殻応力場-」

    プレートの沈み込みにより、日本の周辺では毎日500件ほどの地震が起こっています。そのほとんどは人には感じられないほどの小さなものですが、その小さな地震を解析していくことで、地域にたまったストレス(応力)が見えてきます。本特別展では、そのような日本列島の地下にひそむ見えない力をご紹介します。

     

  10. 一覧へ(イベント一覧は、一部改修中のため更新されていません。)


  1. 2021年12月 6日 (月) 掲載  [12月 3日発表] プレスリリース

    超深海の変質したマントル岩石の内部で炭素を含む海水が循環していることを明らかに

    (地質情報研究部門 針金由美子 主任研究員が共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  2. 2021年11月 5日 (金) 発表・掲載  プレスリリース

    地震計データから読み解くコロナ禍による経済・余暇活動の縮小

    -地震観測以外の新しい活用-
    (活断層・火山研究部門 二宮 啓 研究員らの研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  3. 2021年 9月 3日 (金) 発表・掲載  プレスリリース

    千葉県の太平洋岸で歴史記録にない津波の痕跡を発見

    -約1000年前に発生した房総半島沖の巨大地震によって九十九里浜地域が浸水-
    (活断層・火山研究部門 澤井祐紀 上級主任研究員、行谷祐一 主任研究員らの研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  4. 2021年 6月30日 (水) 発表・掲載  プレスリリース

    マウス脳微小透析法の温故知新

    -神経伝達物質の濃度変化を1分ごとに観測し、ベイズ統計モデリングから単一マウスの時系列データ解析が可能に-
    (地質情報研究部門 井口 亮 主任研究員が共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  5. 2021年 5月21日 (金) 発表・掲載  プレスリリース

    ついに完成!東京都心部の3次元地質地盤図

    -東京23区の地下の地質構造を立体的に観察できる次世代地質図-
    (地質情報研究部門 中澤 努 研究グループ長、野々垣 進 主任研究員の研究成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  6. 2021年 4月19日 (月) 発表・掲載  プレスリリース

    世界第一級の大断層「中央構造線」が走る”阿波池田”地域の地質

    -香川・徳島県境域の5万分の1地質図幅「池田」の刊行-
    (地質情報研究部門 野田 篤 研究グル ー プ長らが行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  7. 2021年 4月19日 (月) 発表・掲載  プレスリリース

    人が感じないごく小さな揺れの成分解析から地熱発電に利用可能な熱水の流動を検出

    -地熱発電などの深部地下開発時の新たなモニタリング技術-
    (再生可能エネルギー研究センターの岡本 京祐 研究員らが行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  8. 2021年 4月12日 (月) 発表・掲載  プレスリリース

    海底広域研究船「かいめい」を用いた国際深海科学掘削計画(IODP)第386次研究航海の実施について

    -日本海溝で起きた過去の地震の痕跡を探る-
    (地質情報研究部門 池原 研 特命上席研究員らが海洋研究開発機構らと共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  9. 2021年 3月30日 (火) 発表・掲載  プレスリリース

    四国地域の土壌中有害重金属類のリスクを地図として"見える化"

    -災害土砂などの安全性評価に貢献する「表層土壌評価基本図」をウェブ公開-
    (地圏資源環境研究部門 川辺 能成 研究グループ長と原 淳子 主任研究員が行った研究の成果です。)

     

    記事を読む(産総研Webサイト)

  10. 2021年 3月17日 (水) 発表・掲載  プレスリリース

    陸域からの過度のリン供給がサンゴの生育を妨げるメカニズムが明らかに

    (地質情報研究部門 飯島 真理子 産総研特別研究員、井口 亮 主任研究員らが北里大学らと共同で行った研究の成果です。)

    記事を読む(産総研Webサイト)

  11. 一覧へ


  1. 2021年 8月 3日(火)掲載

    ASTER GDEM標高タイルを公開(2021年7月30日)

    シームレス標高タイルから,ASTER全球3次元地形データバージョン3の標高タイルを公開しました。約30mメッシュの全世界陸域標高データが利用できます(ハワイオアフ島の3D表示サンプル)。

     

  2. 2021年 3月29日 (月) 掲載

    MyMap3Dを公開

    3D地図ページを簡単に作成、表示するためのウェブサービスを公開しました。
    表示範囲やカメラの向きなどを自由に変更して3D地図ページを作成できます。

     

  3. 2020年12月28日 (月) 掲載

    浸水シミュレーションを公開(12月25日公開)

    シームレス標高タイルを利用した浸水シミュレーションを公開しました。水位を自由に指定して浸水域を表示することができます。

     

  4. 2020年12月18日 (金) 掲載

    重力図(ブーゲー異常) 34 「名古屋地域重力図」を出版しました。

    リンク先ページよりダウンロードできます。

     

  5. 2020年10月 1日 (木) 掲載

    シームレス標高タイルを公開

    兵庫県高精度標高タイルを含むシームレス標高タイルを公開しました。3D地図サイトの作成やシミュレーション等にご利用いただけます。

     

  6. 2020年 7月 2日 (木) 掲載

    地熱情報データベースを公開

    温泉や地熱調査井など,日本における地熱調査研究で整備されてきた情報をデータベースとして公開しました。

     

  7. 2019年12月20日 (金) 掲載

    20万分の1日本シームレス地質図 V2のダウンロードファイル更新

    20万分の1日本シームレス地質図 V2のダウロードファイル(シェープファイル)を更新しました。

     

  8. 2019年 5月14日 (火) 掲載

    20万分の1日本シームレス地質図 V2 の新表示システムを公開

    メイン画面がV2版になり、現在位置の表示、活断層や火山の表示とデータベースへのリンク、3D表示、凡例の用語説明、凡例絞り込み表示(PCのみ)などに対応しました。

     

  9. 2019年 4月23日 (火) 掲載

    地質調査所初期出版資料デジタルアーカイブを公開

    これまで、貴重資料データベースとして公開してきた出版資料について、IIIF(International Image Interoperability Framework)に対応した配信を始めました。IIIF対応のビューア「地質調査所初期出版資料デジタルアーカイブ」からご利用いただけます。

     

  10. 2018年 3月12日

    20万分の1日本シームレス地質図 V2 Web API の正式公開

    ウェブサイト構築などで利用できる20万分の1日本シームレス地質図 V2 Web API の正式公開を開始しました。地理院タイルと同様のマップタイルや、凡例情報の取得にご利用いただけます。

     


地質情報データベース

GSJの組織

ご利用案内